平松伸二

漫画家

岡山県高梁市出身、東京都葛飾区柴又在住。血液型O型。代表作に『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』『マーダーライセンス牙』など。

岡山県立高梁高等学校1年生の時に描いた『勝負』(週刊少年ジャンプ)でデビュー。在学中に5、6本の読み切りが載り、編集者である後藤広喜にスカウトされ上京。中島徳博のアシスタントとして働いたのち、1974年『ドーベルマン刑事』で連載デビュー。法で裁けない悪党・外道を徹底的に叩き潰す主人公達の活躍を描いた作品が多く、少年ジャンプ黄金時代の人気作家として多くのファンを擁する。