Carlo Pagulayan

カーロ・パグラヤン

コミックアーティスト

フィリピン在住のアメリカンコミックアーティスト。2000年代初頭からMarvelで活躍し、Greg Pakの脚本と組んで作画に臨んだ”Planet Hulk”で各方面から傑作の評価を受ける。以降、多くのプロジェクトに抜擢され人気アーティストとして名を連ねる。近年ではDCに活動の場を移し、”Convergeance”、”Batman and Eternal”、”Deathstroke”等の作画を担当。

“Planet Hulk”はMCUにも影響を与えており、『マイティ・ソー バトルロイヤル』では劇中に脇役として名前が呼ばれ、『アベンジャーズ エンドゲーム』でもエンドクレジットに彼の名前が記載された。